« 来る理由 | トップページ | 怒り »

2011年6月 9日 (木)

境目

さて、気がついたら、すっかり夏。
みなさま、無事にお過ごしでしょうか。


「あの日」の前日、3月10日は「平成22年度卒業式」でした。
早朝の晴れ渡った空に怖いくらいの「瑞雲」を見たことすら、ずっと忘れていました。


「あの日」を境に、私の目に映る世界は一転。

「元に戻る」なんてことは、もう望むべくもなく。

しばらくは「小説を読む」ことも「文章(日記ですら)を書くこと」もできない日々を過ごして、今に至ります。

でも、日差しは強くなり、植物は成長し、ウサギの毛は夏毛にはえかわりつつあります。


少しずつ、動き出すとしますか。

|

« 来る理由 | トップページ | 怒り »

コメント

そう。思いがけない災害が来ようとも、誰が教えたわけでもないのに季節の花は例年通り咲いてくれます。厳しい試練を与える「自然」であるけれど、確かな約束も果たしてくれる「自然」…。恐れず軽視せず上手に付き合っていけたら良いでしょうね。自然と共にある、簡単そうで難しい課題と思います。

投稿: M嬢 | 2011年6月17日 (金) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 来る理由 | トップページ | 怒り »